神戸神奈川アイクリニック

レーシック手術とは

 

視力回復、近視矯正の手段として、「レーシック」手術という方法をマスコミ報道などでよく耳にします。

 

日本での手術名称は「角膜屈折矯正手術」と言います。

 

<レーシック手術とは>

 

レーシック手術(角膜屈折矯正手術)は、近視矯正を手術によっておこなうものです。

 

手元や近くはよく見えているのに、遠くが見えづらい症状で、屈折異常のひとつで起こるのが近視です。

 

近視は、目が奥行方向に延びることでおこる症状で、日本人の約6割が近視と言われています。遠方から目に入ってきた光が網膜より手前で像を結び、物がぼやけてみえる状態で、角膜から網膜までの長さが正常より長すぎるか、角膜・水晶体の光の屈折力が強すぎることにより起こります。

 

近視の矯正には一般的に、メガネやコンタクトレンズといった、凹レンズを使用します。凹レンズは焦点を遠くにする働きがあり、近視の人が適切な度の矯正用具を使うことで網膜にピントがあって遠くのものが見えるようになります。

 

レーシック手術により矯正をおこなうと、矯正用具が不要になります。

 

スポーツをする、小さな子供がいてメガネがわずらわしい、夜勤などで矯正用具の使用が面倒・・など、様々な理由をもつ人がレーシック手術を利用しています。

 

<レーシック手術の歴史と現在>

 

世界初のレーシック手術は1990年にギリシャで行われました。

 

その後アメリカでの認可を経て、日本では2000年に厚生省(現厚生労働省)が認可し、手術が受けられるようになりました。

 

認可から日の浅い手術ではありますが、有名なスポーツ選手や芸能人などがこの手術を受けたことなどもあり、その名を知られています。

 

日本では2000年には年間2万人程度でしたが、2008年には年間40万人程度が手術を受けました。手術希望者は増加傾向にあります。